Home > 著作

著作

Ⅰ.著書(共著を含む)

(1)後藤元『株主有限責任制度の弊害と過少資本による株主の責任 -自己資本の水準から株主のインセンティブへ』(株式会社商事法務、2007年)

*「第4回商事法務研究会賞」を受賞(平成20年11月)

*「第13回大隅健一郎賞」を受賞(平成21年1月)

(2)江頭憲治郎編『会社法コンメンタール第1巻(商事法務、2008年)90-125頁(「法人格否認の法理」の項を執筆)

(3)山下友信=米山高生編『保険法解説 生命保険・傷害疾病定額保険』(有斐閣、2010年)247-274頁(「*逆選択と保険契約」の項を三隅隆司と共同執筆)、390-417頁(「*モラル・ハザードと保険契約」の項を三隅隆司と共同執筆)、421-426頁(「第50条・第79条(被保険者の死亡の通知・給付事由発生の通知)」の項を執筆)、460-481頁(「第52条・第81条(保険給付の履行期)」の項を執筆)

(4)山下友信=神田秀樹編『金融商品取引法概説』(有斐閣、2010年)318-355頁(第3章第3-5節を執筆)

(5)落合誠一編『会社法Visual Materials』(有斐閣、2011年)91-117頁(第Ⅴ章「資金調達・計算」を執筆)

Ⅱ.論文

(1)後藤元「株主有限責任制度の弊害と過少資本による株主の責任-自己資本の水準から株主のインセンティブへ(一)」法学協会雑誌124巻2号293-393頁(2007年)

(2)後藤元「株主有限責任制度の弊害と過少資本による株主の責任 -自己資本の水準から株主のインセンティブへ」私法70号219-225頁(2008年)

(3)後藤元「不実開示に関する会社の民事責任と倒産法-投資家の会社に対する損害賠償請求権の倒産手続における劣後化の是非(上・下)」ジュリスト1357号108-115頁、1358号63-67頁(2008年)

(4)後藤元「新保険法における保険金支払義務の履行遅滞」生命保険論集165号85-133頁(2008年)

(5)後藤元「資本充実の原則と株式の仮装払込みの目的-これまでの事案の分析から」前田重行=神田秀樹=神作裕之編『企業法の変遷 前田庸先生喜寿記念』(有斐閣、2009年)223-260頁

(6)後藤元「法律の適用・解釈における保険概念の役割」保険学雑誌609号49-64頁(2010年)

*「第1回日本保険学会賞(論文の部)」を受賞(平成23年10月)

(7)後藤元「取締役の債権者に対する義務と責任をめぐるアメリカ法の展開」金融研究29巻3号123-174頁(2010年)

(8)後藤元「商法総則-商号・営業譲渡・商業使用人を中心に」NBL935号17-26頁(2010年)

(9)後藤元「受益者の指定に関する受託者の裁量‐アメリカ法を参考に」トラスト60研究叢書『外から見た信託法』(トラスト60、2010年)115-128頁

(10)後藤元「企業の再建過程における従業員・退職者の地位・権利の変更」宍戸善一編『「企業法」改革の論理-インセンティブ・システムの制度設計』(日本経済新聞出版社、2011年)143-158頁

(11)後藤元「保険契約の包括移転をめぐる保険業法の規律について-保険契約の移転単位規制の緩和を中心に-」『新たな保険経営組織と事業再編スキーム』(生命保険文化センター、2011年)167-200頁

Ⅲ.判例評釈

(1)後藤元「法人の取締役による被保険者故殺と保険者免責の可否‐法人を保険契約者兼保険金受取人とする生命保険契約の被保険者を、当該法人の取締役が、個人的動機により殺害し、その直後に自殺した場合(判例評釈 最判平成14年10月3日民集56巻8号1706頁)」法学協会雑誌121巻2号286-316頁(2004年)

(2)後藤元「会社のためにした卸売市場法違反の支出と取締役の責任(判例評釈 名古屋地判平成13年10月25日判例時報1784号145頁)」ジュリスト1272号151-154頁(2004年)

(3)後藤元「場屋主人の好意と責任-顧客によるガソリンスタンドへの自動車の放置(判例評釈 東京地判平成13年10月19日及び東京高判平成14年5月29日判例時報1796号95頁)」 ジュリスト1281号160-163頁(2004年)

(4)後藤元「従属会社の従業員による支配会社への退職金請求-法人格否認と重畳的債務引受(判例評釈 名古屋地判平成14年11月29日判例タイムズ1147号285頁)」ジュリスト1287号135-138頁(2005年)

(5)後藤元「生命保険金支払債務の履行遅滞時期と約款の解釈-免責事由存否の調査を理由とする支払延期の場合(判例評釈 福岡高判平成16年7月13日判例タイムズ1166号216頁)」ジュリスト1336号124-127頁(2007年)

(6)後藤元「仕手筋の脅迫を契機とする利益供与と取締役の損害賠償責任(判例評釈 最判平成18年4月10日民集60巻4号1273頁)」法学協会雑誌124巻9号2191-2221頁(2007年)

(7)後藤元「カネボウ株式買取価格決定申立事件の検討(上・下)」商事法務1837号4-14頁、1838号14-20頁(2008年)

(8)後藤元「主催旅行契約における旅行業者の安全配慮義務-旅行先の感染症に関する情報提供義務(判例評釈 東京地判平成18年11月29日判例タイムズ1253号187頁)」ジュリスト1368号141-144頁(2008年)

(9)後藤元「委任状勧誘合戦と株主総会決議の取消事由(判例評釈 東京地判平成19年12月6日判タ1258号69頁)」ジュリスト1376号114-116頁(2009年)

(10)後藤元「保険金受取人の相続人による被保険者の故殺-故殺者による保険金請求権の相続と譲渡の可否(判例評釈 東京高判平成18年10月19日金判1255号6頁)」ジュリスト1380号128-131頁(2009年)

(11)後藤元「仕手株であることを秘した株式取得勧誘と共同不法行為(判例評釈 東京地判平成19年10月5日判時1995号99頁)」ジュリスト1382号132-135頁(2009年)

(12)後藤元「平成20年度会社法関係重要判例の分析〔上・下〕」商事法務1872号4-16頁、1873号35-50頁(2009年)

(13)後藤元「店舗総合保険約款にいう「他の保険契約」の意義(判例評釈 最判21年6月4日民集63巻5号982頁)」民商法雑誌141巻3号392-408頁(2009年)

(14)後藤元「一人株主である取締役が任務違背行為により会社に損害を与えた場合の取締役の会社に対する善管注意義務・忠実義務違反の責任とその免除(判例評釈 東京地判平成20年7月18日判タ1290号200頁)」私法判例リマークス40号90-93頁(2010年)

(15)後藤元「保険料分割払特約と保険金支払債務の履行期・履行遅滞時期(判例評釈 千葉地判平成20年3月27日判タ1283号23頁)」損害保険研究72巻1号219-239頁(2010年)

(16)後藤元「レックスHD事件(判例評釈 東京高決平成20年9月12日金判1301号28頁)」中東正文=大杉謙一=石綿学『M&A判例の分析と展開Ⅱ』(2010年)190-196頁

(17)後藤元「ファイナイト再保険の課税上の取扱い(判例解説 東京地判平成20年11月27日判時2037号22頁)」山下友信=洲崎博史『保険法判例百選』(有斐閣、2010年)4-5頁

(18)後藤元「いわゆる濫用的会社分割と詐害行為取消権の適用(判例評釈 東京高判平成22年10月27日金法1910号77頁)」金融法務事情1929号75-78頁(2011年)

(19)Gen Goto, Insurance Law – Non-Life Insurance – Accidental Nature of the Insured Event – Burden of Proof (Case Comment to Supreme Court 1 June 2006), MORITZ BÄLZ, MARC DERNAUER, CHRISTOPHER HEATH & ANJA PETERSEN-PADBERG ED. BUSINESS LAW IN JAPAN – CASES AND COMMENTS, 359-367, (Wolters Kluwer, 2012)

Ⅳ.その他

(1)後藤元「会社・法人制度の見直しと法人格否認の法理」(講演録)東京司法書士会判例・先例研究平成18年度版65-81頁(2007年)

(2)ロバート・B・トンプソン(翻訳:後藤元)「『国家にとっての善』としてのグローバルに統合された会社:ソフトローのインパクト」ソフトロー研究10号33-56頁(2007年)

(3)後藤元「クオリティ・シッピング促進のための非技術的手段/諸国際条約の実施と解釈/船舶の競売の国際的承認/1996年有害危険物質の海上輸送に伴う損害についての責任と補償に関する国際条約(HNS条約)-最近の展開」海法会誌復刊52号(通巻81号)89-106頁(2008年)

(4)後藤元「Jパワー子会社の会社分割とTCIによる株式買取請求権の行使」日本エネルギー法研究所月報196号1-4頁(2009年

(5)後藤元「不実開示に関する会社の民事責任と倒産法」(講演録)新世代法政策学研究2号329-361頁(2009年)

(6)後藤元「法人格否認の法理」浜田道代=岩原紳作編『会社法の争点』(有斐閣、2009年)10-11頁

(7)後藤元「ロッテルダム・ルールズの評価-エラスムス大学シンポジウム報告」海法会誌復刊53号(通巻82号)101-115頁(2009年)

(8)後藤元「いわゆる濫用的会社分割への詐害行為取消権の適用と今後の課題」金融・商事判例1355号1頁(2010年)

(9)後藤元「書評:岩倉正和=太田洋編著『M&A法務の最先端』」ジュリスト1418号116頁(2011年)

(10)後藤元「船舶衝突条約の百周年/今日における海賊の問題/北極圏および南極圏に関する法制度/パラグアイ=パラナ水路(Hidrovia Paraguay-Parana)関係諸国の汚染関連規制の調和)海法会誌復刊54号(通巻83号)59-65頁(2010年)

(11)後藤元「万国海法会二〇一〇年総会報告」海法会誌復刊54号(通巻83号)77-87頁(2010年)

(12)井上裕子ほか訳『ヨーロッパ保険契約法原則』(損害保険事業総合研究所、2011年)

(13)後藤元「シンポジウム『アジア太平洋地域におけるロッテルダム・ルールズ』について」海法会誌復刊55号(通巻84号)3-48頁(2011年)